Eye Disease

目の病気

充血、出血、できものなど外見上気になる症状で来院する方が沢山います。

今回は見た目が気になる目の疾患について正しい知識をまとめてみました。
目の症状で気になったら、お気軽にご相談ください。​

緑内障

視神経(目の神経)が細くなり、視野が狭くなる病気です。40歳以上の方の約20人に1人が緑内障と言われています。症状がなくても、定期的な検査はとても重要です。

 
糖尿病網膜症

糖尿病が怖いのは、全身の小さな血管がつまってしまうからです。目の血管がつまれば眼底出血をおこします。糖尿病がある方は、必ず眼科で検査を受けてください。

 
ドライアイ

目の表面が乾くことをドライアイといいます。ひどくなると黒目や白目に傷ができ、疲れる、痛い、重い、充血する、ごろごろするなどの症状がでたり、アレルギー性結膜炎や流涙症などに発展することもあります。

 
飛蚊症

明るい所を見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどが飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしてもまばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。

 
加齢黄斑変性

網膜の中心部である黄斑(おうはん)に脈絡膜新生血管が出現し、視力を落とす病気です。見たいものが歪んでみえたり、黒くみえなかったりします。

 
網膜静脈閉塞症

網膜の静脈がつまってしまい、黄斑がむくんだり、網膜出血を起こす病気です。視力低下や見たいものが歪んで見えたり、視野障害を生じます。

 
近視性脈絡膜新生血管

近視が強いとフイルムの役目をする網膜が引き伸ばされ、黄斑に脈絡膜新生血管が出現し、視力を落とす病気です。見たいものが歪んで見えたり、黒く見えなかったりします。

 
近視

近視の進行は網膜剥離、緑内障、網脈絡膜変性など重篤な合併症を引き起こす原因となります。

 
眼瞼痙攣・顔面痙攣

眼瞼痙攣は目の周りの筋肉が痙攣して目が開けにくくなり、まばたきがうまくできなくなる病気で、片側顔面痙攣は片側の顔面筋が自分は意図していないのに痙攣し続けてしまう病気です。

 
眼瞼下垂症

先天性、筋肉の病気、コンタクトレンズ、加齢などでまぶたが下がってきます。

 
眼瞼内反症(睫毛内反症)

まぶたが内側(眼球側)にカールして、まつ毛が目にぶつかります。黒目に傷がたくさん出るような時は手術をすることもあります。

 
霰粒腫

まつ毛の根元の脂を出す腺がつまることにより炎症をおこし、まぶたにしこりができます。

 
麦粒腫

まつ毛の根元に細菌が感染し、まぶたが腫れます。疲労や、風邪などにより、抵抗力が弱まると発症しやすくなります。

 
先天性鼻涙管閉塞症

鼻涙管(目頭~鼻までの涙の通路)が先天的に狭窄しているために、眼脂(めやに)・涙がたくさん出てしまう病気です。

 

ご予約・お問合せ 

03-3788-4639

〒142-0062 東京都品川区小山3-15-1

パークシティ武蔵小山ザモール 2-H

かきのき眼科
しおどめ眼科

 Copyright © 医療法人社団結和  むさしこやま眼科.  All Rights Reserved.